メンテ&改造レポート    



2004年2月21日   ラジエーター交換   走行距離 94428.4km(4691.8km)
ラジエーターからのクーラント漏れが発覚してから約1ヶ月。ようやく新しいラジエーターを購入することができました♪
ラジエーターとクーラント ←アルミコアのラジエーターの写真。
  クリックすると拡大されます


2004年2月7日   エンジンフラッシング&エンジンオイル・オイルフィルター交換   走行距離 94428.4km(4691.8km)
前回のエンジンオイル交換から3000kmを突破しましたので、エンジンオイル交換です。今回はオイルフィルターも交換です。ついでにエンジンのフラッシングも行いました。
作業はホンダのお店『オートテラス新横浜』でやってもらうことに。なぜホンダのお店かと言うと、今回のオイル交換にあわせて有名なエンジン保護剤『マイクロロン』を入れようと思い、マイクロロンの取扱店に片っ端から電話をかけて値切っていたのですが(笑)、 どこも値引いてはくれませんでした(どうやらマイクロロンの製造元から、値引きはやらないようにと言う指示があるらしい)。そんななかオートテラスさんは、マイクロロン本体からは値引かないけど、エンジンオイルはサービスしてくれるとの事。 さらにフラッシングオイル持込でのフラッシングもOK。フラッシング後のオイル廃油代のタダということで決定しました。
サービスしてくれるオイルは、ホンダ純正スーパーマイルド(SL級、10W-30)。ターボ車にとって10W-30はマズイかなと思ったのですが、マイクロロンによる金属表面処理の時は、あまり高級なオイルを入れない方が良いとのこと (特に、モリブデン系の添加物が入っているオイルとは愛称が悪いらしい)なので、あくまで『処理のため』ということで目をつぶりました。どっちみちマイクロロンの処理が終わるまで(1600km走行)は、高回転まで回すなという指示なので問題ないだろうと思います。 念のため日産のディーラーの人に聞きましたが、そんな過度に飛ばさなければ10W-30でも油膜切れを起こすことは無いそうです。
ただ、本日はマイクロロンは未注入。なぜなら、先日ラジエーターからのクーラント漏れが発生してしまい、『マイクロロン注入後は、すぐに30km以上走行してください』 という注意事項を守れそうに無かったので、ラジエーター交換後に注入することにして、お持ち帰りしました。
フラッシングオイル他 ←左からマイクロロン、フラッシングオイル、ドレンパッキン、オイルフィルターの写真。
  クリックすると拡大されます


2003年12月28日   ドライブシャフトブーツ(フロント・左右・インナー&アウター)・ステアリングリンケージブーツ(右)交換   走行距離 93759.0km(4022.4km)
4WDのGT-R/GTS-4お決まりのフロントのドライブシャフトブーツの破れと、経年劣化が原因と思われるステアリングリンケージブーツ右側も破れていました。ドライブシャフトは、右側のインナーとアウター、左側はアウターが破れていました。今回は『GT-Rプロショップ ポットモーターズ』さんにお願いしました。 何故かと言うと、ズバリ!!一番内容が充実して、しかも一番安かったからです。いくつか見積を取ってみた内容を下記表に示します。

ショップ 内   容 見積金額
神奈川県某日産ディーラー 破れている3箇所だけ交換。
アウター側は分割タイプのブーツを使用。
ステアリングリンケージブーツ交換は別料金。
7.9万円
東京都某日産ディーラー 破れている3箇所だけ交換。
アウター側は分割タイプのブーツを使用。
ステアリングリンケージブーツ交換は別料金。
約8万円強
某専門ショップ 破れている3箇所だけ交換。
アウター側は分割タイプのブーツを使用。
ステアリングリンケージブーツ交換は別料金。
約8万円強
ポットモーターズ 左右のインナー&アウター4箇所交換。
アウター側は非分割タイプのブーツを使用。
ブーツ内に充填するグリスは外国製の高性能なもの。
ステアリングリンケージブーツ(右)交換工賃・部品代込み
約5.6万円

ドライブシャフトの交換はとてもスピーディーで、右側のドライブシャフトを外すまで、リフトアップしてから15分くらいで外れてしまいました。
新品のブーツが組まれているドライブシャフトが用意してあり(シャフトは中古、つまりリビルド品)、ドライブシャフト全体を丸々交換するだけなので、 その場でドライブシャフト内部の洗浄・グリス充填・ブーツの装着という工程が無いので、約2時間くらいで左右シャフトの交換終了。
これで安心して正月のカーライフを送れると言うものです♪
フロント右側のドライブシャフト ←フロント右側のドライブシャフトの写真。写真は暗くてわかりづらいですが、矢印の部分のブーツが破れて、オイルが飛び散っていました・・・
  クリックすると拡大されます


2003年12月?日   カーオーディオ交換   走行距離 ?km(?km)
もともと付いていたオーディオはCDのみの1DINサイズのもの。MDも聞きたかったのですが、GT-Rは3連メーターとエアコンのコントロールユニットがコンソールに収まっているので、 余っているのは1DIN分のスペースのみ。そこで1DINサイズでMD+CDが再生できるプレーヤーを探すものの、数が少ない&高価なため、諦めていました。そんな時、会社の先輩がクルマを乗り換える と言うことで、前に乗っていた車についていた1DINサイズのMD+CDプレーヤー(パイオニア、MEH-P9000CD)を5千円で譲ってくれることになりました♪
早速取り付け。スカイラインのオーディオ交換は、以前GTS-4に乗っていた時にやった事があったので、さくさくっと終了。

2003年11月5日   マフラー交換   走行距離 92818.6km(3082.0km)
購入時からついていたフジツボのマフラーは、とっても静かな音で、横浜青葉台という閑静な住宅街にはピッタリだったのですが、なにぶん迫力の無さに不満足でした。
やっぱりRBエンジンの素晴らしいエキゾーストサウンドをもっと堪能したい、と言うことでマフラーを探しました。過度の爆音はあまり好きではないため、そのままでも車検の通るくらいの音量のマフラーが欲しく、 目をつけたのはフジツボのパワーゲッターというマフラー。音量も迫力あり、車検対応、太い出口、安価ということで気に入っていました。しかし安いといっても5万円以上する代物。 中古パーツにないかぁと探し始めてから約2ヶ月、ブリッツのN1マフラーが2.2万円であるではないですか。(サブ太鼓が小さくて)音も迫力ありそう、車検対応、太い出口、安価だったので即購入。
後日、会社の駐車場で取り付け。触媒から後ろだけなので簡単簡単♪とあなどっていたら、マフラーを吊り下げるゴムの部品から、マフラーのフックを抜くのに大苦戦!!CRCを吹きかけながらやっても全然外れず。会社の先輩に手伝ってもらい、ウォーターポンププライヤでこじって取る。 逆に取り付けはあっさりと終了。なんとか昼休み中に終わりました。
走ってみた感じとしては、高回転の抜けが良くなった気がします。なんと無くですが・・・
マフラー ←マフラーの写真。こんな感じで取り付けます。
  クリックすると拡大されます


2003年10月13日   タイヤ&ホイール交換   走行距離 92357.5km(2620.9km)
購入時から履いていたタイヤの、フロント右側サイドウォール部に亀裂が入っていたので(もとから)、 バーストして事故る前に交換しておこうと、会社近くに最近できたビック・フットへ。
タイヤだけ交換のために寄ったのだが、たまたまキレイなBNR32純正のホイールを発見!!
値段は、新品のタイヤを履いて(もちろん4本とも)8万8千円だという。今履いている18インチ用のタイヤのみ4本交換でも8万円だというので、 迷わず純正アルミ+新品タイヤを購入。2インチのサイズダウンで、外見のスポーティーさは減ったものの、乗り心地はアップ♪
ちなみに、34GT-R純正の18インチのアルミもあったが、新品のタイヤをつけると20万円になるらしい。本当は無理してでも欲しかったが、嫁からの突き刺さる殺気により今回は断念(涙)
BNR32純正アルミ装着 ←装着後の写真。
  クリックすると拡大されます


2003年8月30日   エンブレム取り付け   走行距離 ?km(?km)
このクルマには、もとからエンブレムと呼ばれるものは一切ついていませんでした。納入時にGT-Rのエンブレムは付けてもらったものの、他のエンブレムが無いことが気になっていたので、
エンブレム ←今回取り付けた3種類のエンブレムです。右下にある『S』のエンブレムは、以前乗っていたGTS-4に付いていたものです。Rの『S』エンブレムより大きかったのですね。
  クリックすると拡大されます


2003年8月29日   エンジンオイル交換   走行距離 91342.9km(1606.3km)
なにげにオイルレベルゲージを確認したら、結構オイルが黒くなっていたので、まだ1600kmしか走っていないが気持ち的に嫌だったので交換することに。 オートバックスで、数あるオイルの値段と、お財布の中身と相談させること30分。AgipのZEALA RACING、10W-50のオイル(5980円/4L)にしました。一応100%化学合成オイルにこだわってみました。 あとは、ドレンプラグ(パッキンのみは見当たらなかった)と廃油処理剤を購入。
オイル交換 ←見て分かると思いますが、左が今回抜いたオイル。右が新しいオイルです。だいぶ汚れているのが分かると思います。
  クリックすると拡大されます


2003年8月23〜24日   天井のサビ直し   走行距離 ?km(?km)
先日、洗車をしていたら天井に5ミリくらいの円形のサビを発見!!Σ(TДT;)
これは、放って置いたらまずいと思い、すかさず補修。ヤスリで削って、サビチェンジャーなるものを塗って、タッチペンを塗り、乾いたらコンパウンドで仕上げ。
イメージトレーニングは完璧だったのですが、実際に作業するとなかなか上手くできませんでした。やっぱり塗装って素人がやってもキレイにできないものですね。
まぁパッと見では分からないのでサビの進行を防げただけでも良しとします。

2003年8月3日   トランクの支持アーム交換&スモークフィルム貼付け   走行距離 ?km(?km)
納車時からトランクの位置がずれていましたが、ディーラーで確認してもらったところ、原因はどうやらトランクを支持しているアームが歪んでいるとのこと。
購入したお店『カーフレンド福生』へ相談したら、格安でアームを新品に交換してくれるということなので、部品の納品が済んだことを確認してお店へ行きました。
アームのボディ側に固定してあるポイントは、リアスピーカーのある辺りの狭い場所だったので、取外しに苦労していました。
その時、なにげなくスモーク(フィルム)の話をしていたら、安くやってもらえる業者を知っているということだったので、急遽スモークも貼ることになりました。もちろんリアの3面だけですが、フィルムは外国から取り寄せた最高級品で、色あせに強く、長持ちすると言っていました。 いざスモークを貼ろうとした時、前のオーナーがリアガラスにメッシュ(なんちゃってスモーク。貼るのが簡単だが、取るときに糊が残る)を貼っていたらしく、糊がこびりついていたのでまずは掃除から。非常に頑固にこびりついていたので、掃除だけで一時間以上かかってしまいました。 掃除が終わってしまえば、スラスラとフィルムを貼って終了。これだけやってもらって2万円でした(リヤガラスは分割フィルム)。本当は、糊を除去する作業だけでも数千円はかかるらしいのですが、今回はサービスにしてくれました♪ ついでに、前から頼んでおいた『GT-R』以外のエンブレム3種類も購入。業者販売で定価より安く購入できました♪

2003年7月29日   ワイパーアームの塗装   走行距離 ?km(?km)
経年劣化の一つ、ワイパーアームの塗装剥がれが結構目立っていたので、塗装することにしました。 バネでワイパーブレードをガラス面に押し付けているので、取り外すときにチョット苦労しました。 しかし、思ってた以上に完成後の車の見た目が変化したのに感激!!やはり黒いパーツは黒くあるべきだと思いました。
ワイパーアーム ←塗装後のワイパーアームです。左から、リヤ用、フロント右用、フロント左用です。
  クリックすると拡大されます


2003年7月12日   スピードメーター交換   走行距離 89738.9km(2.3km)
GT-Rを納車して、まず初めにやると決めていたのがスピードメーターの交換です。中古ではあるけれど、私にとっては初めてのGT-R。オドメーター(積算距離計)くらいは0kmからスタートしたいと思い、前もってニスモのフルスケールスピードメーター(GT-Rロゴ)を購入しておきました。(実際はメーターの出荷前ランニングチェックがあるため、多少距離は進んでいますが)
自宅に帰り着いてから、さっそく近くの駐車場でメーターASSYを分解し、スピードメーターを交換しました。一般的に『走行距離不明』となってしまうことも分かっていながら、もちろん一生乗りつづけるつもりなので自分で交換しました。が、後からチョット後悔。せっかくの希少な実走行距離のRを自ら1台減らしてしまいました(殴)
まぁいいさ。このHPが実走行の証明にしてやる。と自分に言い聞かせることにしました。(そのうち交換したときの写真を掲載します)
以後の項目から、実走行距離のうしろに新しいメーターの積算距離も( )内に記載します。実走行距離は、新しいメーターの積算距離から算出しています。
ニスモ スピードメーター ←ニスモの320km/hフルスケールスピードメーター(GT-Rロゴ)です。
  クリックすると拡大されます


2003年7月12日   納車   走行距離 89701.7km
祝、BNR32納車日!!この日を8年間待ちつづけました。前日、原チャリで21キロオーバー(罰金1万円)で切符を切られたブルーな気持ちもフッ飛ばし、午前11時にカーフレンド福生へ。
あるじゃあないですか。ピカピカに磨かれた紺のGT-Rがっ!!はやる気持ちを抑え、ガソリンがほとんど入っていなかったため、ショップの人がガソリンを入れて来てくれる間に、事務所で車検証や名義変更に必要な書類一式を受け取った後、戻ってきたGT-Rに乗り込みました。
初めて自分のGT-Rに乗ったのですが、その感想は思っていたほど感動!!とか感激!!とかいう感情は無く、以外にあっさりしていました。それどころか、自分がGT-Rを買ったということが信じられなく、数日は実感がありませんでした。
≪納車時の写真≫



   

R32net
E-Mail: mdr32@xxxx.xx.xx
Copyright (C) 2002-2005 MDR32 All Rights Reserved.