豆知識〔足回り系〕    



【サスペンション】
  ・フロントマルチリンクサスペンション
  ・リヤマルチリンクサスペンション
  ・新構造ショックアブソーバー


【ステアリング】
  ・電子制御パワーステアリング
  ・SUPER HICAS
  ・HICAS(ハイキャス)は何の略?


【ブレーキ】
  ・アルミキャリパー対向ピストンブレーキ
  ・ブレンボ製アルミ対向ピストン型キャリパー&大容量ブレーキローター


【タイヤ/ホイール】
  ・タイヤ&ロードホイール
  ・BBS製 17×8JJ 鍛造アルミロードホイール
  ・ポテンザRE010 225/50R17 94V タイヤ
  ・ポテンザRE010 245/45ZR17 タイヤ


   



《 R32豆知識 No.020 〜フロントマルチリンクサスペンション〜 》

カタログ記載の性能紹介シリーズ、今回からは、ドライバーの走行イメージを高次元で満たすGT−Rの脚力。シャーシ&サスペンションについてです。

【フロントマルチリンクサスペンション】

 ハイマウントアッパーアームとロアアームに加え、第3のリンク(サードリンク)を組み合わせた独自のサスペンションシステムである。
 この画期的な第3のリンクは、アッパーリンクとキングピン軸を連結するもので、キングピン軸がアッパーアームとの関連から開放されるため、理想的なステアリング・アクシスの設定が可能になっている。
 熟成されたフロントマルチリンクサスペンションの採用により、GT−Rは、対地キャンバー変化、スカッフ変化の最適化と、キャスター・トレール、スクラブ半径、キャスター角設定の最適化を両立。直進性、旋回性、制動時安定性、そして乗り心地と、フロントサスペンションに要求される全性能を、想像を超えるハイレベルで具現化している。
 さらに、アルミ製アクスルハウジングによるバネ下重量の低減も図り、接地性の向上を実現した。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.021 〜リヤマルチリンクサスペンション〜 》

今回は、前回のフロントマルチリンクサスペンションに続き、リヤサスペンションについてです。

【リヤマルチリンクサスペンション】

 強大なエンジン・パワーを路面に確実に伝え、十分なスタビリティを確保すること。これがリヤサスペンションの基本的な役割である。
 GT−Rのリヤマルチリンクサスペンションは、車体とタイヤの相対位置を正確にガイドすること。そして路面からの不要な入力を遮断する、という相反する要求を高次元で両立させている。
 レイアウトはダブルアッパーリンクを上部に、スラント配置のAアームとその後方のラテラルリンクによるロアアーム系を下部に配し、前後、左右、上下など異なる方向からの入力に応じて、トー角を安定方向にコントロールする。
 この結果、充分なスタビリティの確保とタイヤの接地能力を大幅に高め、限界コーナリング時のコントロール性とトラクション性能の向上を達成した。まさに、オンザレール感覚の走りだ。
 また、旋回中のアクセルオフやブレーキングにも、過度のタックインを起こすことなく、安定した制動力を確保できる。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.022 〜新構造ショックアブソーバー〜 》

今回は、サスペンションにかかるショックを吸収し、不要な上下運動を吸収する役割のショックアブソーバーについてです。

【新構造ショックアブソーバー】

 2段絞りバルブをもつショックアブソーバーである。
 第1次バルブで低速域減衰力のコントロール、および伸側←→圧側の切り換わり時の減衰力のつながりをなめらかにする。
 第2次バルブでは高速ピストンスピード領域の減衰力コントロールを受けもつ。
 したがって低速時から高速走行時まで、あらゆる走行状況において、しなやかで、しっかりした乗り心地と高い接地性によるスムーズなトラクション性能を確保した。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.023 〜電子制御パワーステアリング〜 》

今回は、油圧を利用してハンドル操作を楽にするための、パワーステアリング、通称パワステについてです。

【電子制御パワーステアリング】

 カウンターステアのような素早い操舵にも、リニアに追従する応答性。しかも高い剛性とリニアリティを備えたハンドリングが、スポーツ走行には必須である。
 このシステムは、油圧制御バルブを2種類直列に配置。据切りでは2つのバルブがフル作動してアシスト力を高め、高速では1段目のバルブだけを動かすことで、剛性感のある操舵力を保持する。
 中間状態も車速に対応して適正なアシスト量が得られ、あらゆる状態でシェアな操舵を可能にする。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.024 〜SUPER HICAS〜 》

今回は、ステアリング時に後輪を制御することでコーナリング性能を高めてくれるハイキャスについてです。

【SUPER HICAS】

 SUPER HICASは、人間の感覚により忠実な安定性と応答性の両立を目標に開発された最新の4WSである。
 転舵初期に一瞬後輪を逆相にステアすることで、後輪のコーナリングフォースを、回頭性を高めることに利用している。さらに、旋回中は同相に制御して安定性を確保する。
 これらの制御により、ドライバーは転舵初期から、イメージ通りのスムーズな車両挙動を感じることができる。
 4輪マルチリンクサスペンション+SUPER HICAS。どこまでも人間の感性に自然な操舵感とアクティブ・セーフティな機能を合わせ持つ、最先端のシャシー・テクノロジーである。

SUPER HICASシステム構成図 SUPER HICAS
SUPER HICASシステム構成図 SUPER HICAS

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)
[関連豆知識] HICAS(ハイキャス)は何の略?

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.046 〜HICAS(ハイキャス)は何の略?〜 》

今回は、コーナーリング時に後輪にも舵角を加えることにより、低速時、高速時ともに旋回性能を高めることができる4WS(4 Wheel Steering:四輪操舵)システムの日産における名称『HICAS(ハイキャス)』の正式名称です。

HICASとは

 HIgh Capacity Actively controlled Suspention
 〔優れた能力の積極的に制御されたサスペンション〕

の略です。

ちなみに、この日産のHICASは、世界初の4WSシステムだそうです。

[情報提供] 日産お客様相談室
TEL : 0120-315-232
[関連豆知識] SUPER HICAS

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.025 〜タイヤ&ロードホイール〜 》

今回は、車体の中で唯一路面と接しているタイヤと、そのタイヤを支えるホイールについてです。

【タイヤ&ロードホイール】

 225/50 R16 92Vタイヤ。これも、GT−R専用に開発された。
 高いグリップ性能とコントロール性。強大なエンジン・パワーも確実に路面に伝える。
 そして、このタイヤには16×8JJ鍛造アルミロードホイールが組み合わされる。ワイドリム設計により、タイヤの接地面積を拡大。高速耐久性、操縦安定性、乗り心地を高次元でバランスさせるため、高剛性化と軽量化を徹底して図った。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.030 〜アルミキャリパー対向ピストンブレーキ〜 》

今回は、クルマの速度エネルギーを熱エネルギーに変換して減速させる。つまり安全性能を大きく左右することになる、ブレーキについてです。

【アルミキャリパー対向ピストンブレーキ】

 速いクルマほど、安全でなければならない。サーキットの制動力をそのまま移植した4輪アルミキャリパー対向ピストンブレーキ。
 フロントは、アルミ合金製キャリパー対向4ピストン型。リヤは、アルミ合金製キャリパー対向2ピストン型。
 対向ピストンは、シングルピストンにくらべ、ブレーキローターの押し付け力を高め、ブレーキの剛性を向上させることができる。
 また、バネ下重量の低減と放熱性を上げるために、キャリパーにアルミ合金を使用。ブレーキ冷却用ダクトの採用で、冷却効率も高い。

アルミキャリパー対向ピストンブレーキ
アルミキャリパー対向ピストンブレーキ

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.037 〜ブレンボ製アルミ対向ピストン型キャリパー&大容量ブレーキローター〜 》

今回からは、VスペックVスペックUに装備されているブレンボ製ブレーキ、BBSアルミホイールポテンザのタイヤを紹介したいと思います。
まずはブレンボ製ブレーキからです。

【ブレンボ製アルミ対向ピストン型キャリパー&大容量ブレーキローター】

 GT−Rのエンジンパワーを余裕を持って吸収する、さらなるブレ−キングパワーの実現。そして限界の高いシャシー性能を十分引き出すためには、強力なブレ−キングパワーだけでなく意のままのブレ−キングコントロール性が要求される。
 GT−Rはオリジナル仕様でも量産車屈指の高性能ブレーキシステム、アルミ対向ピストン型キャリパー&大容量ベンチレーテッドディスクブレーキを装備しているが、サーキットを前提としたスポーツ走行に対応するために、モータースポーツで高い実績を誇るイタリア・ブレンボ社との共同開発によって新たな対向ピストン型キャリパーと大容量ディスクローターを実現。
 ブレーキ性能をさらに向上するとともに他に類を見ない高性能ブレーキシステムを完成させた。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)
SKYLINE GTR カタログ(1994年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.038 〜BBS製 17×8JJ 鍛造アルミロードホイール〜 》

標準車純正のホイールもさることながら、コチラのBBS製ホイールも32に似合いますよね♪

【BBS製 17×8JJ 鍛造アルミロードホイール】

 新開発ブレーキシステムの採用に対応し、冷却性能の向上とアルミロードホイール本来の目的である軽量化、高強度、走りの性能向上をはかるため、BBS製造形の17×8JJサイズ1ピース構造の鍛造アルミロードホイールを採用した。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.039 〜ポテンザRE010 225/50R17 94V タイヤ〜 》

世界的に有名なタイヤブランド『ポテンザ』がVスペックに標準装備となりました。

【ポテンザRE010 225/50R17 94V タイヤ】

 ブレーキ性能向上に対応し、オリジナルの225/50R16 92Vにたいし225/50R17 94Vタイヤとした。
 新サイズタイヤの開発にあたりポテンザRE010をチョイス。
 オリジナルでのスタビリティの高さをそのままに、旋回性能、限界挙動コントロール性を向上。さらに新パターンの採用によりウエット性能の向上をめざした。
 GT−Rの高性能な走りをさらに強化する“曲がる、止まる”性能向上を受けもつ、この高性能タイヤのポテンシャルに驚かれるに違いない。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



《 R32豆知識 No.040 〜ポテンザRE010 245/45ZR17 タイヤ〜 》

VスペックUになり、ポテンザのタイヤもグレードアップしました。

【ポテンザRE010 245/45ZR17 タイヤ】

 VスペックUはオリジナルの225/50R16 92Vにたいし245/45ZR17タイヤとした。
 新サイズタイヤの開発にあたりポテンザRE010をチョイス。
 オリジナルでのスタビリティの高さをそのままに、旋回性能、限界挙動コントロール性を向上。さらに新パターンの採用によりウエット性能の向上をめざした。
 GT−Rの高性能な走りをさらに強化する“曲がる、止まる”性能向上を受けもつ、この高性能タイヤのポテンシャルに驚かれるに違いない。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1994年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



R32net
E-Mail: mdr32@xxxx.xx.xx
Copyright (C) 2002-2005 MDR32 All Rights Reserved.