豆知識〔セーフティ〕    



  ・ABS(アンチロックブレーキシステム)
  ・ボディ構造
  ・サイドドアビーム
  ・フロント&リヤ シートベルト
  ・SRSエアバッグシステム(メーカーオプション)


   



《 R32豆知識 No.031 〜ABS(アンチロックブレーキシステム)〜 》

今回は、ブレーキング時にタイヤがロックし、操作不能になるのを防ぐ、ABS(アンチロックブレーキシステム)についてです。

【ABS(アンチロックブレーキシステム)】

 ABSは、ATTESA E−TSとのベストマッチングを図るため、相互を総合制御する方式がとられている。
 4輪駆動車は、加速する能力も高いが、それ以上に止まる能力も高めなければならない。しかも、4輪駆動と悪い干渉をしあわないことが前提となる。
 GT−RのABSは精度の高い前後Gセンサーと横Gセンサーを採用し、この目標を達成した。
 雪道などの滑りやすい路面での高度なアンチスキッド性能の実現。しかも、ドライ路面におけるスポーツ走行時のアンチスキッド性能も高次元で両立させている。
 サーキット走行など、ハードドライビングにも十分対応し得る、高性能ABSである。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.033 〜ボディ構造〜 》

万一、不可避の事故に遭遇した場合の安全性。今回からはパッシブセーフティ(衝突安全性)についてです。まずはクルマの骨格にあたるボディ構造からです。

【ボディ構造】

 GT−Rのボディは、安全性の高い衝撃吸収ボディとなっている。
 これは車体の前後が衝突エネルギーをそれぞれ効果的に吸収し、キャビンへの影響を最小限に抑えるもの。最新のコンピュータ解析技術と数々の衝突実験によって、高い衝撃吸収性能をもったボディ構造を実現している。
 一方、居住空間の部分は主要骨格部の強化と各結合部の補強により、しっかりとボディ剛性を確保。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.034 〜サイドドアビーム〜 》

32の中期型からスカイライン全車標準装備となり、重量が約50kgもあることからユーザーの間では賛否両論となった、横からの衝撃に対する強度を上げるサイドドアビームについてです。

【サイドドアビーム】

 ドア内部に補強メンバーを組み込み、ドアの強度と剛性を確保。
 側面からの衝撃にそなえている。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.035 〜フロント&リヤ シートベルト〜 》

今回は、いざという時、乗員の身体をホールドするシートベルトについてです。皆さんも運転をするときは必ず装着しましょう。(妊婦さん以外)

【フロント&リヤ シートベルト】

 GT−Rは、常に適切かつスムーズな装着が行えることを目標に、シートベルトを開発している。
 フロントには、テンションリデューサー機構付ELRシートベルトを装備した。
 リヤは、ELR付3点式シートベルト(2名分)としている。フロントと同様、通常は身体を締めつけることなく快適にホールドするが、緊急時には乗員を3点で確実にロックし、安全性を高めている。

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.036 〜SRSエアバッグシステム(メーカーオプション)〜 》

最近ほとんどの車に付いていて、シートベルトに次ぐ安全装置の基本、エアバッグについてです。ちなみに、SRSとは『Supplemental Restraint System』の略で『補助拘束装置』という意味です。

【SRSエアバッグシステム(メーカーオプション)】

 前方衝突時にドライバーの頭部に加わる衝撃を緩和するSRSエアバッグシステム。
 メカニズムは、車体に取り付けたセンサーが前方から一定値以上の衝撃を検知してシステムに電流を流し、インフレーターで瞬間的に発生した窒素ガスがSRSエアバッグを膨張。
 そしてドライバーを受け止めた直後すみやかに収縮。この間わずか0.1秒という瞬間的な動きで対応する高度の安全性を備え、シートベルト装着時の補助拘束装置(SRS)としてすぐれた乗員保護効果を発揮する。

(注)SRSエアバッグシステムは、次の様な場合には作動しません。
・全面衝突の場合でも、衝撃が小さいとき。
 (例;コンクリートの壁に約20km/h以下の速度で正面衝突した場合。)
・横方向や後方からの衝突、あるいは横転や転覆したとき。

SRSエアバッグシステム
SRSエアバッグシステム装着車のステアリングは、本革巻4本スポークタイプ。
   SRSエアバッグシステム

[引用] SKYLINE GTR カタログ(1993年2月現在)

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



R32net
E-Mail: mdr32@xxxx.xx.xx
Copyright (C) 2002-2005 MDR32 All Rights Reserved.