豆知識〔その他〕    



  ・総生産台数
  ・車体番号
  ・形式記号の読み方
  ・新車価格(GT−R)
  ・新車価格(GT−R以外 NA車)
  ・新車価格(GT−R以外 ターボ車)
  ・『GT−R』という名の由来
  ・BNR32特別グレード一覧


   


《 R32豆知識 No.001 〜総生産台数〜 》

皆さんR32GT−Rの総生産台数って知ってます?
実は43,934台です。
実に多くのRがありますね(嬉)

ちなみに、年式別生産台数

1989年4,555台
1990年8,426台
1991年7,081台
1992年7,961台
1993年6,204台
1994年7,465台(10月迄の生産台数)


タイプ別生産台数

標準車40,390台
ニスモ   560台(内500台を一般販売)
VスぺT 1,453台
VスぺU 1,303台
N1ベース   228台

そして、記念すべき最終車体番号
  BNR32−314649
だそうです。
誰が持っているのでしょうか?うらやましい限りです。

[参考資料] GT−Rマガジン1994/000、(株)交通タイムス社、1995年発行

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.002 〜車体番号〜 》

今回はタイプ別の車体番号を覚えましょう。
これを覚えていれば、自分の(もしくはこれから買う)Rが、何台目に作られたのかが一発でわかってしまいます。(だから何?とか言わないで下さいね)

標準車BNR32−000051 〜 017466
BNR32−212001 〜 
(89年8月21日発売開始)
(小変更後、91年8月から)
ニスモBNR32−100001 〜 100560
N1ベースBNR32−200000 〜 (93年1月以前の試作車)
VスぺTUBNR32−300001 〜 (91年1月から、標準車も含む)

最終車体番号

標準車BNR32−314649
VスペTBNR32−313609
VスペUBNR32−313930

です。

[参考資料] GT−Rマガジン1994/000、(株)交通タイムス社、1995年発行

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.041 〜形式記号の読み方〜 》

エンジンルーム内のコーションプレートに書いてある記号は、「形式記号」と呼ばれ、そのクルマの素性が書かれています。
パーツの流用などで部品取り車を選ぶときに役に立ったりするので、覚えておきましょう。

【形式記号の読み方】

 例:E−BN R32 SKXFCWCBSM

 この形式記号は下記のように分かれます。

R32 WCBSM
   


≪形式記号詳細≫
1:排出ガス規制識別:53年適合車
2:エンジン形式:CA18i
:RB20E、RB20DE、RB20DET
:RB26DETT
:RB25DE
3:操舵装置無記号:前2輪操舵
:SUPER HICAS
:全輪駆動+SUPER HICAS
4:通称名:スカイライン
5:車体形状:ハードトップ4ドア
:クーペ2ドア
6:車両仕様:GXi
:GTS、GTE
:GTR
7:変速機:手動5速
:自動4速
:自動5速
8:エンジン仕様:SPI
:燃料噴射
:DOHC燃料噴射
:DOHCインタークーラー付ターボ
9:その他:パワーステアリング
:サンルーフ
:エアコン
:フィスト型ディスクブレーキ
:オポーズド型ディスクブレーキ
  (アルミキャリパー対向ピストンブレーキ)
:アンチロックブレーキシステム(ABS)
:リミテッドスリップデフ(LSD)
:オートスポイラー
:サイドドアビーム
:エアバッグ
:寒冷地仕様

[参考資料] オートメンテナンス、株式会社ニューズ出版、平成13年2月20日発行、145ページ

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.042 〜新車価格(GT−R)〜 》

今回はR32GT−Rの新車の価格についてです。

初期型   445.0万円
中期型   451.0万円
後期型   454.5万円
ニスモ   441.0万円
Vスペック   526.0万円(525.0万円)
VスペックU   529.0万円
N1   430.5万円(509.0万円)

(注)上記表のカッコ内の値段は1993年8月19日(R32からR33へのフルモデルチェンジ)以降の価格。

以外にも、N1が一番安かったんですね。
ABSやエアコン、オーディオなどが無いことを考えると納得しますが。

[参考資料] ハイパーレブvol.56 日産R32GT-R、
株式会社ニューズ出版、平成13年2月20日発行、145〜149ページ
1989-2002 SKYLINE GT-R MEMORIAL 3代のスカイラインGT-Rメモリアルブック、
八重洲出版、平成15年5月26日発行、22〜33ページ
[参考HP] ISIZE Car Censor クルマパーフェクトガイド
http://www.isize.com/carlife/ucar.html

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.043 〜新車価格(GT−R以外 NA車)〜 》

今回はR32スカイライン(R以外のNA車)の新車の価格についてです。

グレード タイプ 排気量 ミッション 金額(万円)
1989年5月 1989年8月 1991年8月 1991年10月 1992年11月
GXi セダン 1809cc 4AT 149.7
GXi セダン 1809cc 5MT 141.4
GXiタイプX セダン 1809cc 4AT 153.7
GXiタイプX セダン 1809cc 5MT 145.4
GTE セダン 1998cc 4AT 179.4
GTE セダン 1998cc 5MT 169.7
GTEタイプX セダン 1998cc 4AT 202.5 205.0
GTEタイプX セダン 1998cc 5MT 192.8 195.3
GTEタイプX・V セダン 1998cc 4AT 212.1
GTEタイプX・V セダン 1998cc 5MT 202.4
GTS セダン 1998cc 4AT 200.1
GTS セダン 1998cc 5MT 190.4
GTS クーペ 1998cc 4AT 204.6
GTS クーペ 1998cc 5MT 194.9
GTSタイプS セダン 1998cc 4AT 214.1 241.7 244.2
GTSタイプS セダン 1998cc 5MT 204.4 232.0 234.5
GTSタイプS クーペ 1998cc 4AT 218.6 246.7 249.2
GTSタイプS クーペ 1998cc 5MT 208.9 237.0 239.5
GTSタイプX セダン 1998cc 4AT 227.2 229.7
GTSタイプX セダン 1998cc 5MT 217.5 220.0
GTSタイプJ クーペ 1998cc 4AT 232.2 234.7
GTSタイプJ クーペ 1998cc 5MT 222.5 225.0

(注)上記表の金額の欄は、左から1989年5月/1989年8月/1991年8月/1991年10月/1992年11月時点の価格。

[参考HP] クルマ情報サイト Goo-net
http://goo-net.com/

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.044 〜新車価格(GT−R以外 ターボ車)〜 》

今回はR32スカイライン(R以外のターボ車)の新車の価格についてです。

グレード タイプ 排気量 ミッション 金額(万円)
1989年5月 1989年8月 1991年8月 1991年10月 1992年11月
GTS-t セダン 1998cc 4AT 230.7
GTS-t セダン 1998cc 5MT 221.0
GTS-t クーペ 1998cc 4AT 238.7
GTS-t クーペ 1998cc 5MT 229.0
GTSタイプM セダン 1998cc 4AT 243.7 270.8 273.3
GTSタイプM セダン 1998cc 5MT 234.0 261.1 263.6
GTSタイプM クーペ 1998cc 4AT 248.2 275.8 278.3
GTSタイプM クーペ 1998cc 5MT 238.5 266.1 268.6
GTS-4 セダン 1998cc 4AT 288.7 318.3
GTS-4 セダン 1998cc 5MT 279.0 306.1 308.6
GTS-4 クーペ 1998cc 4AT 293.2 320.8 323.3
GTS-4 クーペ 1998cc 5MT 283.5 311.1 313.6

(注)上記表の金額の欄は、左から1989年5月/1989年8月/1991年8月/1991年10月/1992年11月時点の価格。

[参考HP] クルマ情報サイト Goo-net
http://goo-net.com/

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.048 〜『GT−R』という名の由来〜 》

  『 日産 スカイライン GT−R 』

言わずと知れた、日本を代表するスポーツカーの一つです。

 ほとんどの方は、特に違和感無く『GT−R』と呼んでいますが、このGT−Rという名は、適当に付けられたものでしょうか?
 もちろん、そんなはずはありません。R好きの方なら一度は考えたことがあるのではないでしょうか。今回はそんな『GT−R』という名の由来についてです。


 『GT−R』の『GT』の部分は、グランド・ツーリング(Grand Touring)の略です。

 『R』の部分は、レース(Race)と、R380の2つの頭文字から取られました。


●グランド・ツーリング(Grand Touring)
  グランド・ツーリングとは大旅行のこと。つまり本来、GTカーとは大旅行用の自動車のことを指します。   長距離を速く、快適に走破することができる運動性能、安全性能、居住性を持ち合わせた、ひときわ贅沢なクルマに与えられた称号とされていました。
  ちなみにゲームにもなっているグランツーリスモ(Gran Turismo)は、グランド・ツーリング(英語)をイタリア語で言ったものです。

●R380
  日産は、昭和39年にプロトタイプとして(プリンス)R380を製造しました。
  R380は、昭和40年に谷田部で7種目・国内速度記録を達成。
  翌41年、改良型R380-1で第三回日本グランプリにて総合優勝を果たし、二位にもR380が入るといった快挙を成し遂げた名車です。

[情報提供] 日産お客様相談室
TEL : 0120-315-232

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   


《 R32豆知識 No.049 〜BNR32特別グレード一覧〜 》

 今回から3回にわたり、GT−Rの標準車以外のグレードについて、簡単な説明と、そのグレード名の由来などを説明していきたいと思います。
(以前の豆知識「Rの移り変わり編」と合わせてご覧いただくと、スペックの違いなどの詳細がよりわかります)

 まず今回は、BNR32の特別グレードについて。
 そして「R32豆知識」ではなくなってしまいますが、次回はBCNR33、その次はBNR34の特別グレードについて説明したいと思います。


【BNR32】

■グレード その1■ V・spec(ブイ・スペック)

 『V・spec』の『V』は、「勝利」を表す英語(Victory)の頭文字です。
 (『V・specII』の『V』も同様の意味)

 ◆解説◆
  V・specは、スカイライン グループAレース3年連続完全優勝記念仕様として作られたモデルです。
  また、翌年生産されたV・specIIは、グループAレース4年連続完全優勝記念仕様として作られたモデルです。
  ちなみに『spec』は、「仕様」を表す英語(SPECification)の略語です。


■グレード その2■ NISMO(ニスモ)

 『NISMO』は、お馴染み ニッサン モータースポーツ インターナショナル(NISSAN MOTORSPORTS INTERNATIONAL)の略です。

 ◆解説◆
  NISMOは、グループAレースに参加するための、車両公認を取得するために500台限定で販売されたモデルです。
  グループAレースの参加条件は、連続する12ヶ月間に5000台以上生産された市販乗用車をベースに、その車両に改良を加え、年間500台生産すればエボリューションモデルとして車両が公認されました。NISMOの500台限定には、こんな意味があったのですね。
  標準車からの変更点は、ニスモの指導で行われたことから、この名が付いたと言われています。


■グレード その3■ N1(エヌワン)

 『N1』という名は、レースのカテゴリーの1つ「N1」から付けられました。

 ◆解説◆
  N1は、量産車のノーマルカーをベースに競い合うレースのカテゴリー N1 に参戦するためのベース車両として作られたモデルです。
  Vスペック登場後は、N1仕様もVスペックをベースとしたものに進化。ブレンボ製のブレーキングシステムなどに変更となった。
  受注生産となっており、総生産台数は228台とニスモ以上の希少車。


■コンプリートカー、その他■

●AUTECH VERSION

 4ドアのGTS−4をベースに、RB26DEというRB26DETTのブロックを使用するNA仕様のエンジンを搭載。
 アルミボンネットやグリル、ヘッドライトはGT−Rそのものを使用している。ミッションはATのみで、快適に走行できるGT−Rと言ったコンセプトで作られている。

●S&S Limited Version

 中古のBNR32をベースに、初代からスカイラインの開発の携わってきた櫻井眞一郎氏の率いる会社「S&S」が、リフレッシュ&モディファイを行い、2000年秋、32台限定、インターネットのみで販売。
 販売開始から、わずか1分で完売。キャンセル待ちも80名いたとか。

●A’PEXi A450

 BNR32を基本骨格として、チューニングメーカー「アペックス」がA450専用に開発したパーツをふんだんに使い、丸型テールすらも面影を残さないエクステリア。
 エンジンは耐久性を重視したチューンだが、450ps、52kg−mというパワーで、270km/h巡航ができるという。

[情報提供] 日産お客様相談室
TEL : 0120-315-232
NISMOお客様相談室
TEL : 0120-846-423
[参考資料] ハイパーレブvol.56 日産R32GT-R、
株式会社ニューズ出版、平成13年2月20日発行、50,147ページ
GT−Rマガジン1997/012、
(株)交通タイムス社、平成9年1月1日発行、8〜21ページ
I LOVE R32 SKYLINE GT-R、
株式会社ネコ・パブリッシング、2003年3月31日発行、36,37ページ
[関連豆知識] Rの移り変わり<ニスモ>
Rの移り変わり<Vスペック>
Rの移り変わり<VスペックII>
Rの移り変わり<番外編・N1>

※ 御願い ※ 記載内容が間違っているようでしたら、ご指摘御願いします。

《 R32豆知識でした 》

   



R32net
E-Mail: mdr32@xxxx.xx.xx
Copyright (C) 2002-2005 MDR32 All Rights Reserved.